忍者ブログ

長岡ツーリング

2010.07.17 - 自転車
 昨日スタミナアップしたので、本日は持て余すパワーを発揮してきた。
 こんな感じで走ってきました。

 

 今回の走行ルートの一部は都合上割愛します。

 朝起きたときから、久しぶりに安福亭千手本店で老麺を食べたくなったので、開店直後に合わせて床屋に向かった。ところが散髪と世間話で思わぬ時間を食ってしまい、急いで安福亭に向かうが、開店時刻を40分ほど過ぎた時間になってしまった。でも、ギリギリカウンター席が空いていた。ラッキー!

 今回は老麺大盛りで、油デフォ。

 

 いやぁ~、いつ食べても美味いなぁ。あっという間に食べてしまった。更にスタミナをつけてしまったので、ここからちょっと遠くまで走ることにする。

 長岡市役所の裏通りを通って、JR信越本線の前川駅間をパス。旧長岡市と旧越路町を結ぶ越路橋の手前を、少しだけ小千谷方面に向かう。しかし、気温がグングン上昇し、なんだか帰りが辛そうに思えてきたので、小千谷のかなり手前で進路変更し、宮内方面へ。宮内の商店街を貫くr370をひたすら北上。そのまま市中心部へ。

 途中の跨線橋から見えた長岡車輌センターで、機関車2輛・485系旧国鉄色1編成・165系1編成が見えたので、ケータイで撮影。そーいえば、最近デジイチ出動していないなぁ。

 

 長岡駅東口をパスし、線路沿い東側の道をトレース。ちなみに線路と線路沿いの道の間に、かつて栃尾電鉄の線路があった。今は全く面影はなくなってしまっているが、俺が中学生の頃には使われなくなったプラットホームがそのままに放置されていた。その当時はこれがプラットホームであることに全く気がつかなかったのが今悔やまれる。

 そろそろ休憩しよう。いい加減のどが渇いた。新潟県の代表するスーパー原信で休憩。アクエリアスビタミンガードとドロリッチを購入。アクエリアスビタミンガードは、それほど冷えていないので、イマイチな満足感でのどを潤した。で、ドロリッチなんだけど、実は初ドロリッチ。以前から気にはなっていたんだけど、なんか普段飲むにはちょっとなぁ・・・。という意味不明な理由をつけて、あえて避けていた。でも今日は無視できない雰囲気が漂っていたような気がしたので、1本買ってみた。

 ズズズッと吸ってみると、

 美味いジャン!

 

 普段は甘いものはほとんど食べないんだけど、こういう時はスイーツ男子の気持ちがちょっとだけわかるような気がする。

 とまぁ、こんな感じでぐるりと走って、走行距離58.5Kmでした。炎天下の中に自転車に乗るのはちょっと大変だけど、のんびりと走ればそれほど大変ではないかも。というか、今度はもっと早い時間にスタートしよう。暑くなる前に家に帰ってくるのがいいかもね。
PR
   Comment(1)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

ケータイで撮影といっても - トンサン

僕のデジカメよりきれいな画像ですねぇ。
ブログ用なら充分ですね。
今まで夏は夜明け未明に走っていたりしたのですが、なかなか最近はそこまでして走らなくなってしまいました。
この時期走ると500mlペットボトル4~5本飲んでしまいますね。
(*^ω^*)
2010.07.18 Sun 18:12 URL [ Edit ]

Re:ケータイで撮影といっても - 管理人:やんばるくいな

ケータイのカメラも侮れない性能になってきたと思います。
ちょっとしたスナップやメモならケータイで十分ですね。

朝の涼しいうちに走るのはいいですよね。車も少ないし。
のどが渇く頻度も抑えられそう。暑いときに走ると、
500ml程度の飲み物なんてあっという間に飲み干してしまうますね。
2010.07.19 06:39
コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
8 9 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
やんばるくいな
性別:
男性
最新コメント
[09/09 水無月右近]
[09/24 てつりん]
[12/29 さと]
[09/19 トンサン]
[09/10 さと]
ブログ内検索
                 
カウンター
アクセス解析
Booklog Shelf