忍者ブログ

長岡ぽんしゅ館にて

2018.01.15 - 買い物
昨日のことなんですけどね。
先日の大雪の後始末(雪かき)を終えたので、ちょっと嫁の用件で長岡駅へ行ってきました。


嫁が勤めている会社で、長年働いていた先輩社員が退職するとのことなので、餞別の品を買いに長岡駅のCoCoLoへ。日本酒が好きな方なので、品揃えが豊富だと思われるぽんしゅ館へ。

日本酒のことなんてこれっぽっちも分からない嫁なので、参考程度にちょこっとアドバイスをしながら数10分程かけて銘柄をチョイス。

その方はとある特定銘柄をこよなく愛するということなので、その銘柄のバラエティーパック的な飲み比べセットと、それに似た(と、やんばるは思う)別銘柄で決定。

もちろん贈り物なので、包装をお願いする。

少々時間がかかるというので、時間つぶしに店内をあれこれ探索。

そこで見付けたのが、今まで見たことの無い新潟の地酒。



越乃寒梅
 金無垢
  純米大吟醸


うわー!飲みてぇ!

試飲できないかなぁ~。

定価が一升で壱万円だって♪

クルマで来ているからダメに決まっているんだけどね(爆)

さて、会計が済んでからそろそろ10分ほど経とうとしているんだけど、未だ包装作業中。

ド素人のやんばるから見ても、店員さん悪戦苦闘しているのは明らか。

我が嫁は、以前包装に携わる仕事(そればっかりじゃないけどね)の経験者なので、四苦八苦している姿を見てヤキモキ。

更に10分近く経ってようやく商品の受け渡し。

嫁曰く、

包装がヘタクソ過ぎ!

ということで、これ以上時間を無駄に過ごすのは嫌だと言うことで、包装紙を1枚頂いてお店を後に。


もう何も言いますまい・・・。


角が浮きまくり・・・


紙の端が、短方向じゃなくて長方向にならなきゃダメとのこと・・・
しかも包装紙余りまくり・・・

嫁が仮にこの店員さんを採点するとしたら、間違いなく0点だそうです。

嫁、期待を裏切らない結末に静かに憤慨し、帰宅して再包装した結果。







嫁曰く、久しぶりにやったから、出来映えを採点するとしたら75点とのこと。

えー、随分厳しいじゃん。やんばるから見たら、悪いところなさそうなんだけどなー。

更に、お客様がお買い上げになった商品を包装するんだから、出来なければ他の人にやってもらうとかしなきゃ。でも、もしかしたら包装の研修を受けていないかもと。

まだオープンして日は浅いんだろうけど、やっぱり包装はちゃんと出来なきゃダメだよね。
とは言っても、ぽんしゅ館はやんばるのお気に入りのお店なので、次回包装をお願いするときまでに上手になってもらいたい。
てか、上手になってよ。なるべき。なってくれ!

PR
   Comment(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
やんばるくいな
性別:
男性
最新コメント
[09/09 水無月右近]
[09/24 てつりん]
[12/29 さと]
[09/19 トンサン]
[09/10 さと]
ブログ内検索
                 
カウンター
アクセス解析
Booklog Shelf