忍者ブログ

アレの交換

2008.07.21 - 自動車
 5年7ヶ月ものあいだ何もトラブルを起こすことなくがんばってくれました。それは車にとっては必要不可欠な物です。それは・・・、

 バッテリーです。納車後初のバッテリー交換でした。前回の車検時に、

 そろそろバッテリー危ないですよぉ~

 とディーラーの人から言われていたんだけど、まだ十分エンジンはかかるし、ヘッドライトの明かりも気にならないし・・・と、交換は先送りにしていた。でもそろそろ限界。先月辺りからセルモーターの勢いが明らかに弱くなっている。とまぁ一応危機感は感じていた。先月の給料からバッテリー購入資金を予め控除してあったので、
ようやく本日バッテリー交換と相成った訳なのであります。
 
 さて、交換するバッテリーは種類も値段も様々なんだけど、我がプレマシー(TA-CPEW)は、標準で75D23Lというのが搭載されている。この際だから容量をアップしようかと思ったけど、大量に電装品をつけていないし、今まで全く問題がなかったので、標準のバッテリーに交換することにした。各バッテリーメーカの対応表を見ると、80D23Lへ勧めてみたり、中には95D23Lへの大幅な容量アップを勧めているメーカもあった。うーん、大容量化するメリットはあるんだろうけど、なんとなくこのままでいいや。

 事前にカーショップ・ホームセンター・行きつけのGSで価格をチェックして、結局行きつけのGSで交換しました。友人からの話によると、カーショップやホームセンターで売っているバッテリーは、結構自然放電している物が多く、時々自然放電しまくっているバッテリーを投げ売りで販売している場合があるのに対して、GSは入荷から販売の期間が短いため、自然放電が少ないとのこと。全てのカーショップ・ホームセンター・GSに全て当てはまるとはとても思えないけど、行きつけのGSは全国展開をしていてタイヤ・ワイパー・オイル等を交換している人を結構見かけるので、あながちこの話も嘘っぱちというわけでもなさそう。

 というわけで行きつけのGSで交換してきました。本体価格5%割引と工賃サービス・廃バッテリー処分料サービスで2万円弱。元々の予算が3万円だったので、1万円浮いた。

 で早速エンジン始動。おお、ちゃんとすぐにエンジンがかかるぞ。それと、気持ち加速がスムーズになったような気がする。うーん、コレはプラシーボ効果なのかもしれないが、一番の効果が、

 バッテリー上がりの心配が無くなった

 である。精神衛生上、コレが一番だね。

PR
   Comment(0)   TrackBack(0)    ▲ENTRY-TOP

Comment

コメントタイトル:
投稿者名:
Mail:
URL:
投稿内容:
Password: ※1
Secret: 管理者にだけ表示を許可する※2
※1 パスワードを設定するとご自分が投稿した記事を編集することができます。
※2 チェックを入れると管理者のみが見ることのできるメッセージが送れます。

TrackBack

この記事へのトラックバック
TrackBackURL
  →
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7 8
10 11 13
16 19 20 21
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
やんばるくいな
性別:
男性
最新コメント
[09/09 水無月右近]
[09/24 てつりん]
[12/29 さと]
[09/19 トンサン]
[09/10 さと]
ブログ内検索
                 
カウンター
アクセス解析
Booklog Shelf